油川晴正

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

油川 晴正(あぶらかわ はるまさ、生没年不詳[1])は、戦国時代武将甲斐武田氏の一族で家臣。父は武田信玄の5男・仁科盛信で3男[1]。母は福知新右衛門の娘[1]。兄弟に信基武田信貞信久督姫。通称は五郎左衛門[1]

生涯[編集]

仁科盛信の子とされるが疑問視されており、名に関しても盛信の誤伝とされる晴清から伝わったものと考えられ誤りではないかとする説がある[1]

慶長5年(1600年)に保科正光が旧領の高遠城へ移封された際、晴正には合力米1000石を与えられた[1]。晴正の子孫は奥平氏に仕えた[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年。P54

参考文献[編集]