林田祥来

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林田 祥来(はやしだ しょうらい)は、日本実業家馬主。株式会社ビープロジェクト代表取締役、ベラジオコーポレーション株式会社キャップ(ベラジオ社の創業家一族・元社長であるが、同社の権限は全て返上しており社内では同職名で呼ばれる)。

来歴[編集]

外資系の生保会社で営業マンを務めており、年収1億円を稼ぐなど手腕を発揮[1]していたようだ。

2000年4月、家業を継ぎ大阪市港区波除パチンコホール『ベラジオ本店』を開店。ホール名・社名の「ベラジオ」は営業マン時代に訪れたラスベガスのホテルベラージオに因んでのもので、店舗・スタッフの風貌なども真似たという[1]2016年4月に社長業を退任すると同時に権限を返上、以降社内では「キャップ」と呼ばれる。また、本店・本社と同所在地に株式会社ビープロジェクトがあり、こちらでは2022年現在も在任中のようである。大阪市西区南堀江の会員制パーソナルジムの運営に携わっているようだ。

競走馬の冠名にも会社名の「ベラジオ」を用いている。また、地方競馬では自身の名義から「(株)ビープロジェクト」名義に移行を始めているようで、林田の名義の現役所有馬は中央所属馬ばかりである。本人名義の勝負服の配色は「赤、黄二本輪、袖黄一本輪」。

主な所有馬[編集]

脚注[編集]

  1. a b ベラジオの経営哲学は、感動があるところに人が集まる パチンコ日報、2013年2月14日、2022年11月22日閲覧