日食

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地球から見た皆既日食

日食(にっしょく、英:Solar eclipse)とは、太陽の一部または全部がに隠される現象。必ず新月のときに起こる。以下の3種類ある。

皆既日食[編集]

詳細は「皆既日食」を参照

太陽の見かけの大きさが月より小さく、月がすべて太陽を隠した際に起こる。コロナを観察できる。また、始まりと終わりにはダイヤモンドリングを見られる。

金環日食[編集]

詳細は「金環日食」を参照

太陽の見かけの大きさが月より大きく、月がすべて太陽を隠せない際には、太陽が月の周りに輪のように残る。始まりと終わりにはベイリービーズを見られる。

部分日食[編集]

詳細は「部分日食」を参照

月が太陽の一部分のみを隠す。金環日食は含まない。皆既日食と金環日食のときも、前後には部分日食が起こっている。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク