日章旗

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日章旗(にっしょうき)は、日本国国旗にあたる日の丸

嘉永6年 (1853年) のペリー来航後、対外関係上国旗の制定が不可避となり薩摩藩主島津斉彬の考案に基づいて採用されたとされている。明治3年 (1870年) 1月明治新政府は郵船及商船規則 (太政官布告 57号) で商船の掲げるべき国旗として、さらにその年の10月の太政官布告651号で軍艦用の国旗として日章旗の規格などについて定めた。しかし、日章旗を国旗と定める明文法の規定ではなく既成事実として追認したものであったため、平成11年(1999年)8月に、国旗国歌法が制定されようやく日章旗が正式な国旗と規定された。法律は、縦は横の三分の二、日章の直径は縦の五分の三、日章の中心は旗の中心と定めている。