日本自治区

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本自治区 (にほんじちく) は、中華人民共和国中国共産党が進めている国家戦略とされていて、中国が日本を侵略した際に、日本に設置するとされる自治区である。実際に計画が行われているかは不明である。

概要[編集]

中国共産党から入手したとされる「2050年の中国国家戦略」にある地図に書かれている。[1]

ジャーナリストの櫻井よしこも紹介しているとされインターネット上で多数流れている。2050年を目処に日本富山県静岡県より東側が日本人が住む「日本自治区」西側が中国人が移住する「東海省」になるというものである。韓国北朝鮮は「朝鮮省」となっているが時期は不明である。

この計画は香港台湾沖縄の順番に行われると予測するものが多いが、朝鮮半島経由なども考えられている。

対策と中国の動き[編集]

最近、中国は、南シナ海や東シナ海への海洋進出を強めている。西側諸国はこの動きを警戒しているが、軍事的に中国への牽制を強める必要がある。実際にこの計画が進められているかは定かではない。しかし、我が国とアジアの平和、独立、自由を保つために、諸国はしかるべき対応とらなければならない。万が一が起きてからでは遅いのだ。ネット上でも日本侵略を警戒するような声もある。今のところ米軍基地は中国への抑止力となっている。特に沖縄に米軍基地があることが非常に重要である。しかし、米軍がいるからといって安心してはいけない。アフガニスタンでの米軍が撤退完了したのはご存知であろう。これが何を意味するのか、考えて欲しい。自分の身は自分の身で守らなければない。日本の防衛力向上と欧米諸国との連携が非常に重要であると考えられる。

脚注[編集]

  1. ただしこの地図がデマなのではないかという説もある。

外部リンク[編集]

  • [なし]