尾上可親

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾上 可親(おのえ よしちか、生没年不詳)は、戦国時代武将黒田氏家臣。子に娘(久野重誠室)。

生涯[編集]

官途は左京亮[1]黒田孝高の父・職隆に仕える。天正6年(1578年)に摂津荒木村重織田信長に対して反乱を起こし、孝高が村重によって捕縛された祭、留守職中連署起請文に名を連ねている[1]上方九州の戦いに参加し、孝高が豊前国豊前に所領を得ると、5000石を与えられる[1]。この豊前の時代に隠居し、筑前黒田長政が入国した後には隠居料として300石を与えられた[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 安藤英男『黒田官兵衛のすべて』中経出版、2013年、p.227

参考文献[編集]