塵旋風

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塵旋風(じんせんぷう)とは、晴天の日の日中に砂漠や草の生えていない裸地が日射により加熱されて地表面近くで活発な対流が発達する時に、対流の上昇域に発生する渦の事である[1]

概要[編集]

砂漠では強風で砂塵が柱状に巻き上げられて渦が可視化される場合がある[1]学校運動場などでも発生することがあり、時にはテントなどを巻き上げて負傷者を出す場合もある[1]

塵旋風のエネルギー源は地表面近くで日射により加熱された空気の浮力によると考えられている[1]。強い渦では最大風速が15m/s程度に達し、中心の温度は周囲より4度から8度高く、中心気圧も周囲より数hpa低い[1]。観測によると塵旋風の回転方向は時計回りと反時計回りの両方があり、地球の回転の効果はほとんど重要ではないとされている[1]。塵旋風は地球上だけでなく、火星でも日中に多数発生している事が観測されている[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 『風の事典』丸善出版、2011年、86頁

参考文献[編集]

天気快晴晴れ曇り・天気の分類(国際式日本式
降水凍雨着氷性の雨細氷霧雨霧雪地雨驟雨驟雪集中豪雨
凝結着氷氷霧霧氷雨氷霜柱結氷
大気じん煙霧スモッグ砂塵嵐
貿易風偏西風極東風海陸風季節風ダウンバースト竜巻塵旋風地方風
大気光象彩雲光冠光輪幻日環天頂弧環水平弧太陽柱朝焼け・夕焼け薄明光線蜃気楼
大気電気象超高層雷放電オーロラ
その他高気圧低気圧前線