判沢弘

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

判沢 弘(はんざわ ひろし、1919年1月6日 - 1987年2月23日)は、日本の思想史家。

略歴[編集]

鳥取県米子市錦町生まれ。早稲田大学文学部史学科卒業。東京工業大学工学部教授を経て、早稲田大学理工学部講師[1]思想の科学研究会会員[2]。同会内の研究サークル「身上相談研究会」、「庶民列伝の会」[3]、「転向研究会」、「維新研究会」等に参加した[1]。著書に『土着の思想』(1967年)があり、辻潤田中王堂高畠素之橋本英吉津久井竜雄桐生悠々橘樸の7人を論じている。

人物[編集]

  • 東工大で鶴見俊輔の助手を務めていたことがある[4]
  • 仏教学者の中村元は、判沢について、「反骨の思想家と申しましょうか、そういう方でいらっしゃいます。」と評している[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『土着の思想――近代日本のマイノリティーたち』 紀伊國屋書店(紀伊國屋新書)、1967年/新装版、1979年/精選復刻紀伊國屋新書、1994年

編著[編集]

  • 『明治の群像6 アジアへの夢』 編、三一書房、1970年
  • 『戦後思想の潮流――その虚像と実像』 伊東光晴、城塚登、山田宗睦、多田道太郎、神島二郎、高畠通敏共編、新評論、1978年

分担執筆[編集]

  • 『民衆の座』 思想の科学研究会編、河出書房(河出新書)、1955年
  • 『身上相談』 思想の科学研究会編、河出書房(河出新書)、1956年
  • 『講座現代倫理 第7巻 現代的状況における人間』 林達夫ほか共著、筑摩書房、1958年
  • 『共同研究 転向』 上中下、平凡社、1959-1962年、のち東洋文庫
  • 『現代日本思想大系 第10 権力の思想』 神島二郎編集、筑摩書房、1965年
  • 『近代日本を創った百人 上』 大河内一男大宅壮一監修、毎日新聞社、1965年
  • 『共同研究 明治維新』 思想の科学研究会編、徳間書店、1967年
  • 『明治の群像1 開国の苦しみ』 市井三郎編、三一書房、1969年
  • 『日本の思想家 中』 朝日ジャーナル編集部編、朝日新聞社(朝日選書)、1975年
  • 『日本の思想家 下』 朝日ジャーナル編集部編、朝日新聞社(朝日選書)、1975年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 判沢 弘(ハンザワ ヒロシ)とは コトバンク
  2. 2.0 2.1 中村元「伝統とは?〔含 教育改革に関する意見書〕」『比較思想研究』14, p1-19, 1987
  3. 中西茂行「「思想の科学」におけるライフヒストリー研究とマンガ研究 : 民間学とアカデミズムの交差の視点より」『金沢学院大学紀要. 文学・美術・社会学編』13, 59-76, 2015-03
  4. 横尾夏織「思想の科学の転向研究」『社学研論集』14, 180-195, 2009