佐川一政

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

佐川 一政(さがわ いっせい、1949年4月26日 - )は、パリ人肉食事件を起こした元日本人留学生。

略歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。小学生の頃に叔父から幼い子供を誘拐しては鍋で煮込んで食べる魔法使いの話を聞き、人肉食に関心を抱いた。

1981年フランスパリに留学中、オランダ人女子留学生を騎兵銃で射殺。死体の一部を料理して食べた。死体を棄てに行ったとき目撃され逮捕された。佐川は心神喪失という理由で不起訴となり精神病院に一時収容された。

日本では、外国で犯罪を犯した日本人に対する刑がその国で確定し、執行された場合、帰国後に刑事責任を取らせて二重に処罰することをしないのが原則である。このためフランスで不起訴になった佐川は日本で罪に問われることはなかった。帰国後は執筆活動やテレビ出演などで活躍。

その他[編集]

フランスでは銃の規制が緩く、比較的容易に銃を購入、所持できる。

身長150cmと、成人男性としては非常に低身長であることで知られている。

関連項目[編集]