二人称で書かれている小説

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あなたは今、この記事を読み始めた。

一覧[編集]

刊行年 作者・タイトル 備考
1957年 ミシェル・ビュトール『心変わり フランス五大文学賞の1つ「ルノードー賞」を受賞している。
1960年 倉橋由美子『パルタイ デビュー作
1961年 倉橋由美子『暗い旅 ビュトール『心変わり』にインスパイアされている。
都筑道夫『やぶにらみの時計 長編ミステリーで、全編が二人称で記述されているのはかなり珍しい。
シオドア・スタージョン『きみの血を 最初と最後の一部のみ二人称。
1962年 カルロス・フエンテス『アウラ メキシコ文学
1967年 大城立裕『カクテル・パーティー』 芥川賞受賞作。前半は一人称(私)、後半は二人称(お前)という構成。
1971年 清岡卓行『フルートとオーボエ
1973年 安部公房『箱男 ごく一部、「Cの場合」の章。
1979年 イタル・カルヴィーノ『冬の夜ひとりの旅人が イタリア文学。メタフィクションの古典的作品としてよく言及される。「あなたはイタロ・カルヴィーノの新しい小説『冬の夜ひとりの旅人が』を読み始めようとしている。」という書き出しで始まる。
1984年 山口泉『聖女県
ジェイ・マキナニー『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ
1987年 阿刀田高『家』 短編集『恐怖同盟』に所収
1990年 竹本健治『カケスはカケスの森
1993年 辻仁成『ゴーストライター 『グラスウールの城』所収
1994年 法月綸太郎『二の悲劇 ミステリー小説。一部のパートが二人称で書かれているが、全体的には三人称。
山口雅也『「あなたが目撃者です」 短編集『ミステリーズ』所収
1995年 菅浩江『竦む女
1997年 北村薫『ターン
1999年 テッド・チャン『あなたの人生の物語 ネビュラ賞中長編小説部門、スタージョン賞を受賞。2017年の映画『メッセージばかうけの原作。
2000年 池澤夏樹『花を運ぶ妹
柄刀一『マスグレイヴ館の島 ミステリー
2001年 高行健『ある男の聖書 中国文学
2002年 村上春樹『海辺のカフカ ところどころ、二人称が使われていなくもない。
2002年 多和田葉子『容疑者の夜行列車 伊藤整文学賞谷崎潤一郎賞を受賞している。
宮部みゆき『あなた』
式田ティエン『沈むさかな デビュー作。第1回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞している。
2003年 重松清『疾走』
アティーク・ラヒーミー『灰と土 アフガニスタンの公用語のひとつ「ダリー語」で書かれている。処女作。
森健『鳥のようにドライ 雑誌『群像』2003年12月号に掲載。書籍化はされていない。
2004年 大城立裕『窓』
2005年 浅暮三文『穴』『これはあとがきではない』 短編集『実験小説ぬ』所収
2006年 ジーン・ウルフ『デス博士の島その他の物語
ローリー・リン・ドラモンド『銃の掃除』 短編集『あなたに不利な証拠として』所収
2009年 芦辺拓『裁判員法廷』
2010年 平山夢明『枷(コート)』 短編集『ミサイルマン』所収
2012年 津原泰水『バレエ・メカニック
2013年 藤野可織『爪と目 芥川賞受賞作

ちょっと関係するかもしれないもの[編集]

  • 佐々木敦『あなたは今、この文章を読んでいる。:パラフィクションの誕生』(ISBN 978-4766421620) - メタフィクションならぬパラフィクションを提唱する文学評論書。