上野愛咲美

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

上野 愛咲美(うえの あさみ、2001年平成13年)10月26日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士二段東京都出身。藤澤一就八段門下。

経歴[編集]

  • 平成28年入段、
  • 平成30年二段。
  • 2018年、第21期女流棋聖戦で謝依旻六段を2-0で破り初タイトル獲得。女流棋聖戦史上最年少の16歳で女流棋聖を獲得(16歳3か月)[1][2]
  • 2019年1月28日、第22期ドコモ杯女流棋聖戦挑戦手合三番勝負で藤沢里菜女流本因坊を2連勝で破り、女流棋聖連覇を決めた[3]
    • 第1局 上野愛咲美女流棋聖 白番2目半勝ち(神奈川県平塚市「ホテルサンライフガーデン」)
    • 第2局 上野愛咲美女流棋聖 黒番中押し勝ち(東京都千代田区 「竜星スタジオ」)

人物[編集]

  • 緊張するタイプではないが、緊張しそうになると「楽しもう」と思う[1]
  • 体力をつけるため、試合前に縄跳びをする。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]