上野梨紗

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

上野梨紗(うえのりさ、2006年6月24日 - )は囲碁棋士。女流では史上3番目の最年少入段記録。戦闘型の囲碁とされる。上野愛咲美女流棋聖は姉。藤沢一就八段門下。

経歴[編集]

  • 2006年(平成18年)6月24日、東京都中野区生まれ[1]
  • 2010年、姉の愛咲美女流棋聖が通う「新宿こども囲碁入門教室」で囲碁を始めた(4歳)。
  • 2017年7月、第34回ワールドユース囲碁選手権ジュニアクラス(12歳以下、タイで開催)で3位入賞。
  • 2019年、日本棋院の女流棋士特別採用試験本戦で1位となり、2019年4月から入段する。4月1日の入段時点は12歳9カ月[2]

人物[編集]

  • 目標は女流タイトルを獲得できる棋士になることと会見で答える。

平成31年度女流棋士(特別)採用試験本戦[編集]

平成31年度女流棋士(特別)採用試験本戦は女流本戦院生シード(本院・各総本部推薦院生)3名、女流合同予選通過者6名の総計9名の総当たり戦となる。年間1人のみ採用される狭き門である。平成31年度は1月12日~2月中旬の土曜日・日曜日に行われた。上野梨紗はトップの成績で本戦を通過した。

No 氏名 所属 結果 判定
1 内田祐里 外来 4勝4敗 5位
2 横田日菜乃 院生 5勝3敗 3位
3 本田真理子 関西院生 0勝8敗 9位
4 上野梨紗 院生 7勝1敗 合格
5 原岡紗良 院生 3勝5敗 8位
6 大須賀聖良 院生 6勝2敗 2位
7 張心澄 院生 3勝5敗 7位
8 松本実優 外来 5勝3敗 4位
9 徐文燕 院生 3勝5敗 6位


脚注・リファレンス[編集]