ホワイトホール

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

ホワイトホールとは、宇宙に存在するといいな、と期待されていた天体

概要[編集]

ブラックホールの逆という発想で、いろいろなものを放出する天体、という設定が発見前から付与されていた。

存在していればブラックホールより観測しやすい筈だが、ブラックホールの方が直接検出されるという事態になり、ホワイトホールの存在を期待していた側としては、やっぱり存在しないんだな、と諦めがついた。

さすがブラックホール、人の期待まで見事に吸い込んでいった。

逆に存在していたとしても放出した質量が集まりブラックホールになり、ホワイトホールがブラックホールに呑み込まれるという事態になるのかもしれない。

むしろ質量を放出するためのエネルギーをどこから確保するのか、という問題もあるのかもしれない。

エネルギー確保なら普通に核融合でいいじゃない?となりそうだが、それでは普通の恒星と一緒である。

ある意味このように考えると問題が際限なく出てくる、という意味でホワイトホールは人間の心の中に存在する、と思っておけば少なくともロマンはあるのかもしれない。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアホワイトホールの項目があります。