ディエゴ・マラドーナ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアディエゴ・マラドーナの項目があります。

ディエゴ・アルマンド・マラドーナDiego Armando Maradona, 1960年10月30日 - 2020年11月25日)は、アルゼンチンブエノスアイレス州ラヌース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダーペレヨハン・クライフフランツ・ベッケンバウアーアルフレッド・ディ・ステファノジーコなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手である。

生涯[編集]

ブエノスアイレス州で生まれ、15歳でプロデビューする。16歳でアルゼンチン代表に選ばれた。

身長165センチと小柄であったが、左足を駆使した絶妙の足技で早くから「天才児」や「神の子」などと呼ばれていた。母国アルゼンチンを1986年W杯優勝、1990年W杯準優勝に導いたりなど、サッカー界で史上最高と称されるサッカー選手として大いに活躍した。1986年W杯メキシコ大会準々決勝でのイングランド戦でのヘディングに見せかけて手でボールを入れた「神の手ゴール」と、約60メートルをドリブルで独走した「5人抜きゴール」はマラドーナの逸話として有名である。

ただし選手として活躍もするが、一方で薬物問題も起こしており、1991年にはナポリイタリア)時代にコカインを使用していたことが判明。そしてその再起をかけた1994年W杯アメリカ大会では、衝撃的なドーピング違反を犯したため、長期間の出場停止処分を食らうことになる。1997年に現役を引退した。

2000年心臓発作を起こしてキューバで薬物中毒の治療を受ける。2004年、極度の肥満により重体となったが、胃を縮小する手術などで健康を回復して肥満も解消した。2008年11月に母国アルゼンチンの代表監督に就任し、2010年W杯では準々決勝でドイツに敗れている。

2020年10月30日に60歳の誕生日を迎えたのもつかの間、11月3日に左側頭部に発見された硬膜下血腫の手術を受けた。そして11月25日、急性心不全のため、ブエノスアイレス州の自宅で死去した。60歳没。

マラドーナの急逝に対して、国際サッカー連盟 (FIFA) は加盟している各国の連盟に対し、試合前に黙祷を行うよう要請した。日本でもこれを受け、12月5日12月6日明治安田生命Jリーグの試合開始前に、各会場で黙祷が行われた。

獲得タイトル[編集]

代表[編集]

U-20アルゼンチン代表
アルゼンチン代表

クラブ[編集]

ボカ・ジュニアーズ
FCバルセロナ
SSCナポリ

個人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. 1986年からはエル・パイス紙による選考も行われ、そちらが公式の選考扱いになっている
  2. ファン投票による結果
  3. 1986 FIFAワールドカップのイングランド戦で決めた2点目が選ばれた

関連項目[編集]