クシシュトフ・ペンデレツキ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クシシュトフ・エウゲニウシュ・ペンデレツキ(英:Krzysztof Eugeniusz Penderecki、1933年11月23日 - )はポーランド作曲家指揮者である。英紙「ガーディアン」は、ポーランドの存命作曲家中で最も偉大であるとしている。クラクフの東方のルスワビツェ村に住む。

概要[編集]

1933年、ポーランドのクラクフ地区デンビツア(Dębica)に生まれる[1]。 第二次世界大戦後の1946年にグラマースクールに入学した。バイオリンをStanisław Darłakに学んだ。1951年にはヤギェウォ大学に入学し、バイオリンをStanisław Tawroszewic、音楽理論をFranciszek Skołyszewskiに学んだ。1954年、クラクフ音楽院に入学し、1958年に卒業した。

卒業後は音楽院で教師のポストを得た。初期の作品はアントン・ウェーベルンピエール・ブーレーズの影響を受けている。 1959年、音楽祭「ワルシャワの秋」のためのソプラノ・朗読・10の楽器のための『ストロフィ』、混声合唱と打楽器の『ダビデ詩編』、弦楽合奏『放射』で注目を浴びた。 1960年、極端な「トーンクラスター」書法を用いた52の打楽器のための『広島の犠牲者に捧げる哀歌(弦楽合奏)』により世界的に有名になる。前衛音楽の世界で地位を確立した。

1970年代から作風が変化し、不協和音よりも旋律が作品を牽引するようになった。 この時期の代表作は1976年の『バイオリン協奏曲第一番』、1978年のオペラ『失楽園』である。前者は微分音不確定記法を用いるが、ロマンティシズムの面を残している。

1972年、クラクフ音楽院院長に就任する。1973年、エール大学教授に就任する。1998年、北京音楽院名誉教授に就任。 アンネ=ゾフィ・ムターとの出会いから生まれた『バイオリン協奏曲第二番<メタモルフォーゼン>』(1992-1995)では、旋律は第一番と類似するが、より明快になり、響きは乾いたものになった。単一楽章で約40分という大作である。

人物[編集]

  • 人間の声は最も美しい楽器であるから、私は50年に渡り作曲してきた、と語る[2]

受賞[編集]

公式ページ[編集]

クシシュトフ・ペンデレツキ

参考文献・注釈[編集]