カンザス州

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カンザス州(かんざすしゅう、KANSAS)とは、アメリカ合衆国の中部のである。アメリカ本土のほぼ中央に位置する。プレーリー(大草原)南西部に位置する。州面積は21万3110平方キロメートル。人口2000年の時点で268万8000人。州都トピカ。州の愛称はヒマワリの州。略称はKS。州名の由来は「先住民のカンサ」(南風の人)の名にちなむという。

概要[編集]

1803年ナポレオン・ボナパルト統治下のフランス領のルイジアナがアメリカに譲渡され、1854年に準州となる。ところが当時、奴隷制度をめぐりアメリカ内では争いが発生していたため、1856年まで武力抗争が発生し続け、このために流血のカンザスとまで称されるようになった。皮肉にも奴隷制をめぐりアメリカ全土で内乱状態になったアメリカ南北戦争が発生した年である1861年にアメリカ34番目の州として昇格を遂げている。

この州は小麦の生産量がアメリカ一である。またとうもろこし大豆肉牛の飼育などいわゆる第1次産業が盛んに行なわれており、そのため「アメリカのパン籠」とまで呼ばれている。この州の北端にあるバノンはアメリカ本土の地理的中心点として知られ、そのため「アメリカの」とまで称されている。早くから牛の集散地としてカウボーイが活躍しており、そのため州歌には『峠の我が家』が指定されているほどである。1880年には禁酒法が制定され、以後1948年まで68年間も存続するなど、保守的で禁欲的な土地柄で知られている。現在は禁酒法は廃止されているのだが、この州におけるアルコール販売への規制は厳しいものがある。

外部リンク[編集]

Maps