ルイジアナ州

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ルイジアナから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルイジアナ州Louisiana)とは、アメリカ合衆国南部のである。ミシシッピ川河口のメキシコ湾岸に位置する。州人口は446万9000人(2000年時点)。州面積は12万3592平方キロメートル。州都バトンルージュ。愛称はペリカン州。略称はLA。州名の由来は「ルイ王の地」(フランス国王ルイ14世の名前にちなんで)を意味する。

概要[編集]

1682年にフランスが当地の領有を宣言し、フランス領ルイジアナ植民地が成立する。1803年にアメリカに譲渡する。1812年にアメリカで18番目の州に昇格する。1861年アメリカ南北戦争により連邦を脱退し、1868年に復帰した。全米で最も標高の低い州であり、最高地点は163メートルである。平均高度は32メートルである。

かつてフランスに支配されていたことから、フランス的な風土が色濃く残り、クレオール(フランス系子孫)やケイジャン(フランス系カナダ人)と呼ばれる住民が多い。

この州の最大の都市はニューオーリンズであり、ジャズの発祥地として知られている。また差別が根強い保守的な土地柄で、1987年まで公立学校における天地創造教育を義務付ける州法が存続していた。

当地出身の著名人として、ジャズプレイヤーのルイ・アームストロング作家トルーマン・カポーティらがいる。

外部リンク[編集]

地質[編集]

州政府[編集]

アメリカ合衆国政府[編集]

メディア[編集]

生態系[編集]

土壌調査[編集]

観光[編集]