インタープリター

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インタープリターとは、プログラミング言語で書かれた命令を読み取って処理を実行するコンピュータープログラムのことである。

概要[編集]

直訳すると「通訳者」である。プログラミングにおいては、逐語訳を行う処理系という意味合いで使われる。
すなわち、スクリプト言語では、コンパイルなどの事前処理を行わずに直接プログラムのソースコードを読み込ませてプログラムを実行する。これを請け負うのがインタープリターである。
インタープリターは、プログラミング言語の処理系の一つである。

インタープリターのごく単純な実装では、ソースコードはコマンドの羅列なので、それを逐次実行していくものである。
より抽象的な概念を扱えるようにするには、ソースコードを中間モデルに翻訳してから、より低水準の処理に変換していく方式が考えられる。
通常は、単純な逐次実行では処理が遅いので、各種の最適化[1]を施すことで性能を向上させる試みが為されている。

脚注[編集]

  1. これは処理系固有の情報が多く、簡単には説明できないので、知りたい方はそれぞれの処理系の最適化について調べてください。
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク