C言語

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

C言語(シーげんご)は、プログラミング言語の一つ。

概要[編集]

手続き型言語である。

今の言語では封じられることが多い、ポインターによるメモリー操作が可能である。

1972年に登場した。標準化などを経て、現在のC言語は当時のものとはそれなりに使いやすく変化している。

一時期では、性能や処理系などの問題から、アプリケーションの開発はほとんどがC言語で行われていた。
今でこそ、アプリケーション開発に使われることは少なくなったが、特定の場面では今でも使われている。
例えば、UnixOSに使われていたこともあり、OSSのOS開発に使われることが多い。LinuxもC言語で開発されている。
Unix系OS上で開発されることが多い言語処理系の開発にも使われることが多い[1]

標準C[編集]

標準CとはC言語の標準規格の総称である。米国規格協会 (ANSI) および国際標準化機構 (ISO) が発行したC言語の標準規格があり、それぞれ"ANSI C"、"ISO C"などと呼ばれる。
ANSI Cの1989年版は"C89"、1990年版は"C90"と表記することが多い。

脚注[編集]

  1. コンパイル言語の場合はセルフホスティング方式により自身の言語で書き換えられるが、それができないスクリプト言語の場合は基本的にC言語のままになる。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク