MediaWiki恐怖症

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日々MediaWikiサイトの編集をしていると、時に何らかの恐怖に苛まれることがある。本稿は、このような一連の事象を「MediaWiki恐怖症」と呼び、おおまかな種類ごとに分類して紹介する。MediaWikiサイトの編集を趣味とするすべての読者のMediaWikiライフに有意義になる物であってほしい。

症例[編集]

症例1:無期限ブロックのケース[編集]

特定のMediaWikiのサイトで無期限ブロックを受けた場合などに発症することがあると報告されている。

2020年ごろから確認されている精神疾患のようなものであり、MediaWikiの画面を見ると頭痛がしたり、吐き気がしたりするケースが見られる。二次障害としてうつ病になるケースもある。

あるwikiで無期限ブロックLTA認定を受けた利用者が発症した事例では、患者不登校になったと報告されている。このケースでは患者自閉症を持っていたとも報告された。なお、このケースの患者は回復済みである。

症例2:編集内容消滅のケース[編集]

MediaWikiでは、プレビュー時にサーバーエラーなどが発生した場合、保存前ならば編集内容がすべて消滅することがある。特に弱小過疎ペディアではサーバーも小規模な場合が多く、この傾向は顕著ある。

これに起因して、せっかく時間をかけて考え書き込んだ内容がすべて吹っ飛んでしまった編集者の中には、ショックのあまりしばらく編集する気力が失われたり、MediaWikiの編集画面を見るのがトラウマになる症例が見られる。

なお、エラーが起きやすいウィキで活動する利用者は、プレビュー前にソース全文を一度コピペするのが癖になっている者も多い。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


関連記事[編集]