高井戸インターチェンジ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高井戸インターチェンジ
画像募集中.png
所属路線E20 中央自動車道
首都高速4号新宿線
IC番号1・411
本線標識表記高井戸 環八
高井戸 環八通り 荻窪 瀬田
起点からの距離0.0 km(高井戸IC起点)
12.4 km(三宅坂JCT起点)
前の施設永福PA/永福料金所
次の施設三鷹BS/三鷹料金所(4.0 km)
供用開始日1976年(昭和51年)5月18日
所在地168-0071
東京都杉並区高井戸西1

高井戸インターチェンジ (たかいどインターチェンジ) は、東京都杉並区にある中央自動車道のインターチェンジであり、首都高速4号新宿線高井戸出入口が併設されている。

概要[編集]

E20 中央自動車道の起点、かつ首都高速4号新宿線の終点で、杉並区にあるインターチェンジ。環状八号に接続する。2022年現在、調布・八王子・山梨方面(中央道方面)への入り口のみ設置されていない。

京王線京王井の頭線杉並世田谷エリアや環状八号とのアクセスに利用される。

中央道入り口の未設置[編集]

このICでは、先述の通り4方向考えられる出入口のうち、3方向のみが設置されている。調布・八王子・山梨方面(中央道方面)への入り口のみ設置されていない。これは、入り口の設置予定地近くに杉並区立富士見丘小学校が存在し、通学路を通る車両数の増加を嫌ったためとされている。[1]

このため、中央道を利用する車両は、手前の永福ランプや、7kmほど離れた調布インターチェンジを利用する必要があり、利用の足かせとなっていた。

しかし、2010年代になると、小学校をより緑の多い地区へ移転させる構想が持ち上がり、中央道入り口の設置計画が再び期待されることとなった。

2022年の杉並区長選では、現職・田中良候補が優先政策の第三位に「誰もが移動しやすく人に優しいまちづくり」を掲げ、高井戸ICの早期整備を行うとしていたが、[2]対立候補である岸本候補に187票の差で敗れた。[3]岸本新区長は公約に「住民合意の無い道路拡幅(中略)の見直し」を掲げており、高井戸IC整備への影響が心配されている。

周辺道路[編集]

周辺施設[編集]