阿会喃

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

阿会 喃(あかい なん)は、中国小説である『三国志演義』の登場人物である。

劇中の活躍[編集]

『三国志演義』で登場する孟獲配下の架空武将である[1]。孟獲の支配する蛮族の集落である三洞の内の第三洞主で、第一洞主の金環三結や第二洞主の董荼那と共に三手に分かれて軍を迎撃する[1]。しかし趙雲魏延王平の夜襲に敗れ、阿会喃は張翼に捕縛される[1]。だが諸葛亮は同じく捕縛されていた董荼那と共に阿会喃を釈放した[1]

その後、孟獲の命令で再度蜀軍との戦いに従軍するが、僚友の董荼那が孟獲により棍棒百叩きにされてその処置に不満を抱くと、董荼那と共に孟獲を捕縛して諸葛亮に差し出す計画に同調して実行に移した[1]。しかし孟獲が諸葛亮に釈放されると、董荼那と共に裏切り者として本陣に呼び出されて謀殺された[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 小出『三国志武将事典』P394

参考文献[編集]