量子超越性

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア量子超越性の項目があります。

量子超越性(りょうしちょうえつせい、英語:Quantum supremacy)とは、ある問題を解くに当たって量子コンピュータが古典的コンピュータの計算速度を上回ること。この実証に使われる問題には有用性がなくても良い。

概要[編集]

量子コンピュータの方が古典的コンピュータよりも優位な状況が一つでもあった場合に量子超越性が認められる。

英語圏ではQuantum computational supremacy(量子計算超越)とも呼ばれる。日本では量子スプレマシーと呼称されることもあるが、Googleによる量子超越性の達成以降は少数派な呼び方になっている。

歴史[編集]

2012年に理論物理学者のジョン・プレスキル氏がこの概念を提唱したとされる。

2019年9月中旬頃、Googleの研究チームの論文の草稿がNASAのWebサイトに誤ってアップロードされ、そこには、当時の世界最速のスーパーコンピューター「Summit」が解いた場合に1万年を要するであろう計算を量子コンピュータが3分20秒で完了させ、量子超越性が実証された、という内容が記されていたことで騒動となった[1]。 同年10月21日IBMはGoogleの漏洩騒動を受け、Googleが用意した問題ならSummitでも2.5日で解き終わると主張し、更に最適化によって2.5日よりも短期間で計算が終わる可能性すらあると反論している[2]

2019年10月23日、Googleは54量子ビットを搭載した量子プロセッサー「Sycamore(シカモア)」が量子超越性を達成したと正式に発表。英科学誌「Nature」に査読済み論文が掲載された[3]。この発表の余波として、暗号化技術が量子コンピュータによって破られるのではないかという懸念が広がったためか、暗号化技術が使われているビットコインなどの仮想通貨の価格が一時急落している。

出典[編集]

  1. グーグルの量子コンピューターによる「量子超越性の実証」が、本当に意味すること”. WIRED (2019年10月24日). 2020年8月10日確認。
  2. On “Quantum Supremacy””. IBM (2019年10月21日). 2020年8月10日確認。
  3. グーグルが主張する「量子超越性の実証」に、IBMが公然と反論した理由”. WIRED (2019年10月24日). 2020年11月18日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク