過労死

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

過労死』(かろうし)とは、長時間労働や仕事のストレスにより死亡すること。死因は心筋梗塞脳梗塞くも膜下出血狭心症自殺など様々である。

概要[編集]

「過労死」は世界的に有名な言葉で、"karōshi"と世界共通語にもなっている[1]。 「Oxford English Dictionary Onlin」にも掲載されている。

ただし、日本の平均年間労働時間は世界で20位以下である[2](年により変動する)。

  • メキシコ - 2148時間
  • コスタリカ - 2121時間
  • 韓国 - 2005時間
  • ロシア - 1972時間
  • 日本 - 1680時間


基本的な構造[編集]

過労死ライン
月100時間の残業をおおむね過労死ラインという。残業で100時間を超えると、疲労の蓄積によって病気のリスクが高まる。
  1. 発症前1か月間におおむね時間外労働(残業)が100時間
  2. 発症前2か月間ないし6か月間にわたり、1か月平均80時間を超える時間外労働(残業)
やりがい搾取
やりがいのある仕事だからと報酬を下げた上で長時間働かせ、死亡させる方法[3]
過労自殺
働き過ぎによるストレスで心身を消耗し、自殺してしまう事。
過労死自殺
自殺のための手段として、過労死を選択してしまう事。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

脚注[編集]

  1. karōshi - ウィキペディア英語版
  2. Hours workedOECD
  3. jawp:やりがい搾取

関連項目[編集]