聖エカテリニ修道院

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

聖エカテリニ修道院(せい - しゅうどういん)はエジプトにある正教会修道院聖カタリナ修道院聖カテリナ修道院聖カトリーナ修道院などとも。2002年、Saint Catherine Area(聖カトリーナ修道院地域)としてユネスコ世界文化遺産に登録された。

概要[編集]

モーセ十戒を受けたことで有名なシナイ山の麓にある修道院。モーセは「燃える柴」の間から神の言葉を授かったとされるが、6世紀に東ローマ帝国(ビザンツ帝国)のユスティニアヌス1世の命により、その「燃える柴」を取り囲むように高さ15mの城壁とともに建立された。修道院には現在でも20人程の修道士たちが暮らしている。

キリスト教の修道院であるにもかかわらずイスラームモスクがあることも特徴の一つだ。これはもともとこのシナイ半島の地がムスリムの土地であり、彼らと修道士たちが共存するための術であった。

併設されている図書館にはバチカンに次ぐレベルの非常に貴重な本が門外不出でおさめられている。また、古いイコンなども多く残されている。

過去の修道院長の頭蓋骨がすべて保存されている部屋がある。