結城浩

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア結城浩の項目があります。

結城浩(ゆうき ひろし)は、日本著作家[1]プログラマープロテスタント信者[2]1963年生まれの男性で、長男、次男を持つ4人家族。[2]

結城は本人の最終学歴など著名人としては公開すべきプロファイルを非公開としたり、また人前で講演を実施するような活動は一切実施せず、本人の顔写真というものも事実上非公開としているなど、著名人では珍しい。

好きなもの[編集]

言葉が好きで、聖書村上春樹の本などを読む。[2]バロック時代の音楽を好む。食べ物では鶏肉ナシモモ。過去に白ワインなども好んでいたが、酔っ払う時間が無駄なため現在はあまり飲まない。

スレッドお化け坊や[編集]

結城浩のアイコンであり、顔写真代わりに利用される。2001年頃生まれ。[3]

結城浩の顔[編集]

本人は顔を公開されることを望んでいない。はこだて未来大学などでの講演時、「顔をアップロードしないこと」「Twitterに結城浩が函館にいるなどと書かないこと」といっていた。[4]また、これらの講演も外部には非公開である。Skypeのテキストチャットを利用して、「会場⇔Skype⇔結城浩」という方法で、講演を行っていたこともあった。[4]

なお、結城浩の名前もペンネームという説がある。日本の特許制度において、「結城浩」という氏名では一つたりともコンピュータ関連の特許や実用新案を取得した先行技術情報がないため、「結城浩」とはペンネームであるものと推定される。ただし、結城浩本人が特許を取っていない可能性もある。

著作[編集]

数学ガールで有名である。また、翻訳家でもあり、オー・ヘンリーの小説「賢者の贈り物」などを訳した。GNUGPL関連の文章も翻訳したが、公式サイトの訳には採用されていない。

出典[編集]

外部リンク[編集]