秋友素身

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋友 素身(あきとも もとみ、明治41年(1908年) - 平成9年(1997年))は、高知県出身の日本実業家

生涯[編集]

高知県香美郡在所村(現在の香美市)出身[1]旧制城北中学の第1回生として昭和2年(1927年)に卒業する[1]。同期には日和崎棟男益弘稔松井龍馬浜田陽三野中清平井学らがいたという[1]。その後、旧制高知高校に入るが、このときの同期に後の三菱電機社長となる進藤貞和がいたという。この高校時代、進藤の証言によるとクラスの連中は秋友は「スッパダカ」と呼んだという[1]

高校卒業後は九州大学工学部造船学科に進み、昭和10年(1935年)に卒業し、三菱重工長崎造船所に入る。以後30年間を長崎で過ごした[1]。昭和42年(1967年)に横浜造船所所長、昭和43年(1968年)に取締役、昭和44年(1969年)に常務取締役に就任している[1]。日本の造船が世界に誇りだした時代に要職を占め、日本の造船界の世界制覇に大いに貢献した[1]。最終的には三菱化工機会長になった[1]

平成9年(1997年)に死去。89歳没。

人物像[編集]

秋友は堂々たる体躯の持ち主で、比叡山山法師のような面貌をしていた怪物造船マンと評されている[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 『高知経済人列伝』。鍋島高明編著。2016年7月。高知新聞社。P14

参考文献[編集]