洪水浸水想定区域図

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

洪水浸水想定区域図(こうずいしんすいそうていくいきず)とは、水防法に基づき、は洪水で相当な損害が出ると見られる河川を水位周知河川に指定し、市や町が避難勧告を出す目安となる氾濫危険水位などを定め、指定後は最大規模の降雨で氾濫した場合の浸水想定区域や水深、浸水継続時間などを示した洪水浸水想定区域図を作成し、市や町はこの図に基づき、ハザードマップを作成し、戸別配布ホームページで掲載することで周知することになる。

平成13年(2001年)の水防法改正により、円滑で迅速な非難を目的に、国や都道府県が浸水区域を想定し、公表する制度が創設された。対象とする雨は当初、「数十年から100年に1度」級であったが、相次ぐ水害に平成27年(2015年)になって「1000年に1度」級に拡充、水防法改正となった。