洪水浸水想定区域図

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

洪水浸水想定区域図(こうずいしんすいそうていくいきず)とは、水防法に基づき、は洪水で相当な損害が出ると見られる河川を水位周知河川に指定し、市や町が避難勧告を出す目安となる氾濫危険水位などを定め、指定後は最大規模の降雨で氾濫した場合の浸水想定区域や水深、浸水継続時間などを示した洪水浸水想定区域図を作成し、市や町はこの図に基づき、ハザードマップを作成することになる。