河田英正

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河田 英正(かわた ひでまさ、1947年5月2日 - )とは、岡山弁護士会に属する弁護士。岡山弁護士会副会長。河田英正法律事務所所長。

来歴[編集]

金光学園高等学校明治大学法学部卒業。1971年に司法試験に合格し弁護士の資格を取る。

1974年から岡山弁護士会に所属、1978年に河田英正法律事務所を設立して独立する。

1985年に岡山弁護士会副会長に就任。同年、岡山豊田商事被害者弁護団団長となる。

1987年から1989年にかけて、岡山霊感商法被害者救済弁護団団長、岡山県消費者団体連絡協議会会長、岡山青春を返せ裁判弁護団団長を務め統一教会と対立した。

その後は消費者問題や産業廃棄物の問題に取り組んでいる。

苦難[編集]

霊感商法被害者から相談を受け、統一教会関係者を相手に被害金の返還交渉を始めた直後(1987年頃)から自宅や事務所に1日100回近くものイヤガラセ電話が掛かってくるようになる。

イヤガラセはエスカレートし、寿司屋、うどん屋、酒屋などに勝手に出前を注文された。注文もしていないメロンが届いたこともある。

呼びもしないのに葬儀屋が来たこともある。葬儀屋によると河田弁護士(を名乗る者)から(死んでもいない)息子の葬儀を依頼する電話があったのだという。

深夜にタクシー運転手に叩き起こされたこともある。運転手によると、河田弁護士(を名乗る者)から「病院まで行きたいからタクシーをよこしてくれ」と電話があったのだという。

更に、何者かが、河田弁護士を名乗って企業や個人に「~をしただろう。お前を告訴する。文句があるなら事務所に来い」という電話を掛ける事件が多発した。身に覚えのないことで「告訴する」と言われた者たちは事務所に怒鳴り込んできたという。

関連項目[編集]