このページは全保護が設定されています。

ちゃんぽん銃撃事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Human-emblem-nowrite-black-128.png 編集全保護中
このページは保護の方針に基づき、編集全保護されています。
なお、ノートページを見るとこのページが保護されたより詳しい経緯がわかるかもしれません。
議論などにより問題解決のための見通しがたって保護を解除しても問題なさそうになったら、管理者に依頼してください。
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

ちゃんぽん銃撃事件(ちゃんぽんじゅうげきじけん)とは、1987年6月長崎市で発生した不可解な銃撃事件である。

間違っても食品のちゃんぽんが凶器に使われたというわけではない。

概要

1987年6月4日0時30分過ぎ頃、被害者の川原博行は自宅の裏庭に人の気配を感じ、外に出たところ何者かに銃撃され負傷した。

犯人は川原を外へ誘き出すために、故意に竹やぶでガサゴソと音を立てていたようである。

事件の背景

川原は「ちゃんぽん」という名のミニ情報誌を発行していた。事件の少し前、川原は当時社会問題となっていた霊感商法をちゃんぽんで特集したところ、数百回に上る嫌がらせ電話を受けていた。特集の内容は霊感商法を行っている宗教団体への批判や、統一教会と政治家の癒着などを告発する内容であり、表紙には統一教会の教祖の韓国人「文鮮明」と、その妻の「韓鶴子」の顔を半分骸骨にしたイラストが描かれていた。

この事から、教祖を半分骸骨に描いたイラストや特集記事を見た信者が幹部の者に報告、怒った幹部かその命令を受けた信者の犯行である可能性が高い。誌上での霊感商法などへの批判が文書だけによるものであったら、これほどの被害は受けなかったと思われる。統一教会を少しでも批判することが書かれている文書を読むことを、統一教会信者は禁じられており、数行読んで統一教会を批判する文書だと分かれば、それ以上読まないため内容を把握することもないからである。

事件直前の6月3日、川原宅の留守番電話には、統一教会の幹部の者からの川原の殺害を予告する脅迫電話が録音されていた。同じ頃、統一教会信者の脱会を手助けした教会に銃弾が撃ち込まれる事件も起こっている。

県警の不可解な対応

統一教会の関与は明らかで、人を銃撃して負傷させるという殺人未遂事件であるにも関わらず、長崎県警はその宗教団体を調べることも捜査をせずに「傷害事件」として取り扱った。また、川原を診察した医師は、銃撃による擦過射創と診断したが、長崎県警はパチンコから発射されたパチンコ玉かビー玉による負傷だと決め付けた。この事から警察が犯人グループに買収されていたか、犯人グループに買収されている権力者が警察に圧力を掛けた結果、長崎県警は事件を放置したものと思われる。あるいは「この事件には明かに統一教会が関与している」と考えた長崎県警は、統一教会の犯罪を取り締まることによって、統一教会から買収されている権力者から睨まれることを怖れ、一切、捜査しなかったのであろう。

長崎県警による事件の黙殺は国会でも問題になった。

関連項目