永世中立国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永世中立国(えいせいちゅうりつこく)とは、条約によって永久に他国家間の戦争に参加しない義務を負い、反面他国家により自国の独立と領土保全の保障を受けることをいう。永世中立の地位と国連加盟国の国連活動協力義務は両立しないと当初は考えられていたが、現在では協力の内容は特別協定による[1]との考えから両立可能と見られている。

スイスオーストリアが永世中立国である。

他にリヒテンシュタインといった中立の立ち位置を自称している国はあるが、周辺諸国に認められないと永世中立国とはみなされない模様。

過去の話[編集]

かつてはベルギールクセンブルクなども永世中立国であった。過去形なのはなぜなのかはお察しください

出典[編集]

  1. 国際法43条

関連項目[編集]

  • NPOV - 中立を保つのはむずかしい事。
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク