水原市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京畿道 水原市
Hwaseo-Mun,in Swon-City.jpeg
水原華城の華西門と西北空心墩
位置
水原市の地図
各種表記
ハングル:수원시
漢字:水原市
片仮名転写:スウォン-シ
ローマ字転写 (RR):Suwon-si
統計(2019年
面積:121.04 km2
総人口:1,199,495 人
世帯数:439,996 世帯
行政
国:大韓民国国旗.png 大韓民国
上位自治体:京畿道
下位行政区画:4区44行政洞56法定洞
行政区域分類コード:31010
水原市の木:マツ
水原市の花:ツツジ
水原市の鳥:シラサギ
自治体公式サイト:水原市
水原市庁

水原市:수원시/:スウォン-し)は、大韓民国北西部にある京畿道に属する都市。京畿道の道庁所在地である。

概要[編集]

水原市は京畿道のほぼ中央部に位置し、首都・ソウルからは南は35キロメートルの位置にある。京畿道庁の所在地である。中心市街地は、ユネスコの世界遺産に登録されている「水原華城」の城壁に取り囲まれている城郭都市である。また、その水原華城は上の市章にも組み込まれている。名物は水原カルビ。これは、この地域に牛市場があったためである。大韓民国の地方自治法第175条に基づいて一般市と異なり、様々な特例が適用・認められるなどされる特定市に指定されている。

韓国に於いては普通人口100万人を超える都市は広域市となり道から独立するが、水原市は未だ広域市となっていない。

地理[編集]

広州山脈の発達部に位置する。また市内を光教山脈をも通っており、高かったり低かったりする丘陵地がおおい。これらは、東北部から南西方面へと通っている。 東側には光教山・兄弟峰が、西側には七宝山が華城市方面へ、北側には白雲山義王市龍仁市との境界をなしている。市の中央部には熟知山・八達山・麗妓山などがある。

河川は光教山から発言する長芝川・遠川川・水原川が南方向へと流れている。それらは黄口池川に合流して、さらに南下をする。

明日は、花崗岩と花崗片麻岩がほぼ全地域に分布している。

気候は年平均気温11℃・1月平均気温が-5.6℃、8月平均気温が26℃。年降水量は1,327㎜。10月初めの霜がおり、4月下旬に最後の霜が降りる。

市の東側は龍仁市、南側は華城市、北側は義王市、西側は安山市と接している。

歴史[編集]

下位行政区画[編集]

気候[編集]

観光[編集]

交通[編集]

軍事[編集]

教育[編集]

スポーツ[編集]

メディア[編集]

姉妹都市[編集]

友好都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]