樺太

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樺太(からふと)、サハリンとは、北海道の北にある、南北に細長い島である。南北960km、東西150kmほどで、面積は北海道よりやや小さい。蝦夷地に含まれる。13世紀ごろからアイヌ人ウィルタ人が暮らしていたが、17世紀以降ロシアが進出し、これを警戒した日本は間宮林蔵らを派遣して調査を行わせた。彼の名は本島とユーラシア大陸との海峡の名(間宮海峡)にもなっている。幕末の日露和親条約では日露混住の地とされたが、明治初期の樺太・千島交換条約にて全域がロシア領となった。その後1905年のポーツマス条約にて日本は北緯50度以南の地域を獲得、1943年には内地に編入した。しかし太平洋戦争末期の1945年8月にソ連に占領され、現在も全域をロシアが実効支配している。なお、北緯50度以南は帰属未定地域で、それ以外はロシア領である。

都市[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

大きな都市としては豊原ユジノサハリンスク)がある。

関連項目[編集]