仁義なき戦い 頂上作戦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仁義なき戦い 頂上作戦(じんぎなきたたかい ちょうじょうさくせん)は”広島ヤクザ戦争”を描いたノンフィクション『仁義なき戦い』を映画化した作品である。「仁義なき戦い」五部作の第四作である。1974年に公開された実録もの映画である。

概要[編集]

前作「仁義なき戦い 代理戦争」の続編で明石組系の山守組と神和会系の打本会との抗争の結末が描かれる。昭和38年春から39年にかけ対立する2つの広域暴力団の代理戦争となった”広島ヤクザ戦争”である。俳優陣の迫真に迫る演技は演技か現実か区別できないほどのリアリティがある。

昭和38年春、呉市では広能率いる広能組は山守組傘下の槙原組と対立していた。 広能は博徒系暴力団の義西会を味方につけるため明石組幹部・岩井信一、打越会々長・打越昇、打越会系川田組々長・川田英光らと共に、広島市の義西会々長の岡島友次を訪問する。広能と岡島とも兄弟分となっている岡島は、同時に山守組若頭の武田明とも兄弟盃を交わしているため、中立を守り、広能昌三らの提案をすぐに受け入れなかった。明石組の岩井に説得により、最終的には打本会が山守組に手を出さないことを条件として、義西会は打本会に協力することにした。その後間もなく、広能組の若衆河西が山守組系槇原組の組員らと路上で口論になり的場に射殺されてしまった。広能組と山守組の対立は爆発寸前となった。広能は山守の命を狙おうとしたが、呉の長老・大久保憲一と岩井に説得され、ひとまず静まる。山守組に寝返った元打本会幹部・早川の命を狙う山守組々員が返り討ちになると、両組織の間で激しい抗争が起こった。広島では打本組組員の三上が誤って一般人(堅気)を射殺したことから、警察・マスコミは警戒し始め、近隣住民たちは暴力団追放運動に動き出す。市民からの苦情殺到に窮した警察は、「頂上作戦」をとり、トップを微罪で続々と逮捕する。

広能は呉警察の厳しい監視下に置かれたため、動きが取れなくなっていた。明石組は関東進出に苦戦しており、広能に手助けする余裕はなかった。武田は事態を納めようと、広能に引退を促したが断られる。神和会は伊丹義市の二代目会長襲名により、抗争の終結をもくろんだ。神和会の二代目襲名式に山守が参列することを知った広能組の若衆は襲名式で山守を襲撃しようとするが、明石組々長・明石辰男が参列していることから、明石組幹部・相原重雄が反対する。しかし明石組幹部の岩井の提案により、山守組系槇原組々員に射殺された広能組若衆・川西清の葬儀で山守を襲撃する計画が立てられる。明石組の岩井は葬儀の名目で、1000人以上の組員を広島に送り込んだ。山守は警察に密告して広能が別件で逮捕され、広能組組員も次々と逮捕されてしまう。劣勢状態になると義西会が広島の川田組を買収し、山守と対決する。ところが義西会岡島友次会長は山守に射殺され、組長を殺された義西会会員は報復として、山守組の各事務所を爆破する。続いて打本組組員も応戦する。事態をみていた警察が打本と山守を逮捕すると、岩井組と義西会は連合を組み、武田との間で激しい銃撃戦となる。義西会の若頭は打本の舎弟・川田組組員に殺害され、同士討ちとなった。義西会は自然消滅し、打本組も解散を表明する。広能と武田に長期の懲役刑が科せられた。

基本事項[編集]

  • 題名:仁義なき戦い 頂上作戦
  • 配給:東映
  • 監督:深作欣二
  • 企画:日下部五朗
  • 脚本:笠原和夫
  • 原作:飯干晃一
  • 撮影:吉田貞次 東映京都撮影所
  • 美術:井川徳道
  • 音楽:津島利章
  • 録音:溝口正義
  • 照明:中山治雄
  • 編集:宮本信太郎
  • 助監督:土橋亨
  • 記録:田中美佐江
  • 装置:近藤幸一
  • 装飾:松浪邦四郎
  • 美粧結髪:東和美粧
  • スチール:中山健司
  • 演技事務:上田義一
  • 進行主任:伊藤彰将
  • 衣装:松本俊和
  • 擬斗:上野隆三
  • 協力:京都八瀬かまぶろ温泉
  • 上映時間:102分
  • 色彩:カラー、シネマスコープ
  • 公開年:1974年1月15日

配役[編集]

  • 広能昌三:菅原文太
  • 水上登:五十嵐義弘
  • 竹本繁:黒沢年男
  • 河西清:八名信夫
  • 岩見益夫:野口貴史
  • 弓野修:司裕介
  • 関谷徹:松本泰郎
  • 打本昇:加藤武
  • 森田勉:西田良
  • 福田泰樹:長谷川明男
  • 谷口亮:小林稔侍
  • 本多志郎:高月忠
  • 柳井秀一: 岡部正純
  • 三上達矢:有川正治
  • 菊枝:中原早苗
  • 明石辰男:丹波哲郎
  • 宮地輝男:山本麟一
  • 相原重雄:遠藤辰雄
  • 岩井信一:梅宮辰夫
  • 和田作次:木谷邦臣
  • 岡島友次:小池朝雄
  • 藤田正一:松方弘樹
  • 光川アイ子:堀越光恵
  • 拳骨ラッパ:吉田義夫
  • 川田英光:三上真一郎
  • 野崎弘:小倉一郎
  • 野崎の母:荒木雅子
  • 野崎の弟:松田賢一
  • 野崎の妹:広瀬登美子、大井理江子
  • 山守義雄:金子信雄
  • 山守利香:木村俊恵
  • 武田明:小林旭
  • 江田省一:山城新伍
  • 槙原政吉:田中邦衛
  • 吉井信介:志賀勝
  • 山崎恒彦: 福本清三
  • 丸山勝:北斗学
  • 金田守:誠直也
  • 古賀貞松:高並功
  • 織田英士:笹木俊志
  • 友田孝:沢美鶴
  • 山本邦明:大木晤郎
  • 江田欣三:栩野幸知
  • 吉倉周三:岩尾正隆
  • 的場保:成瀬正
  • 森久宏:白井孝史
  • 早川英男:室田日出男
  • 杉本博:夏八木勲
  • 松井隆治:宮城幸生
  • 三重子:渚まゆみ
  • 神代巳之吉:小田真士
  • 沖山昭平:小峰一男
  • 神代巳之吉:和田真士
  • 伊丹義市:中村錦司
  • 大久保憲一:内田朝雄
  • 千鶴子:城恵美
  • 看守:汐路章
  • ホステス:富永佳代子
  • 安川昌雄:国一太郎
  • 前島幸作: 阿波地大輔
  • 捜査主任:鈴木康弘
  • 県警本部課長:芦田鉄雄
  • 記者:前川良三
  • 記者:唐沢民賢
  • 新聞社編集長:鈴木瑞穂

関連事項[編集]