ユリウス・リーツ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユリウス・リーツAugust Wilhelm Julius Rietz,1812年12月28日 - 1877年9月12日)は、ドイツ作曲家指揮者チェリストフェリックス・メンデルスゾーン(ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ)の多数の曲を出版のために編集し、『メンデルスゾーン全集』の監修者となった。

経歴[編集]

プロイセン王立宮廷楽団の楽団員であったヨハン・フリードリヒ・リーツ1767年 - 1828年)の子としてベルリンに生まれる。16歳の時、ベルリン王立劇場管弦楽団に加入し、カール・フォン・エドアルト・フォルティの戯曲『月桂樹と乞食』の作曲をした。1834年にはメンデルスゾーンのもとでデュッセルドルフ劇場の次席指揮者に就任した。1835年デュッセルドルフ市の首席指揮者となり、1836年には音楽監督に昇進した。1847年にはライプツィヒに移動し、ライプツィヒ劇場の楽長とライプツィヒ・ジングアカデミーの指揮者に就任した。メンデルスゾーンの死後はライプツィヒ音楽院作曲家の教師、およびゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者になった。1877年9月12日、ドレスデンで死去。

作風としては、メンデルスゾーンに強い影響を受けた新ロマン主義楽派であり、フランツ・リストリヒャルト・ワグナーなどの過激な「新ドイツ楽派」には強く反対した。作品12のフルートソナタは、1870年に作曲されたもので、演奏時間約25分の大曲である。華やかな超絶技巧を必要としながらも、爽やかさも見られる。

作品[編集]

  • 歌劇『イェリーとベーテリー』,1939年
  • 歌劇『異国の娘』1839年
  • 歌劇『海賊』1850年
  • 歌劇『ゲオルク・ノイマルクとガンべ』1859年
  • 交響曲1番(ト短調:G minor) 作品13 (1843)
  • 交響曲第2番 イ長調 作品23(1846年?)
  • 交響曲第3番 変ホ長調 作品31(1855年)
  • クラリネット協奏曲 ト短調 作品29
  • チェロ協奏曲 作品16
  • オーボエとオーケストラの協奏曲 作品33
  • ソナタ (ト短調:G minor) 作品12

参考文献[編集]