ブラジル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ブラジル連邦共和国から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく)は、南アメリカの連邦共和国。通称ブラジル

概要[編集]

首都ブラジリアウルグアイ東方共和国アルゼンチン共和国パラグアイ共和国ボリビア多民族国ペルー共和国コロンビア共和国ベネズエラ・ボリバル共和国ガイアナ共和国スリナム共和国と国境を接している。他にもフランス領ギアナと接する。

国土面積は851万1965km²で世界第5位の大きさ。総人口は2億人に達し、南アメリカ大陸最大の国家である。

歴史[編集]

第二次世界大戦後[編集]

第二次世界大戦後、ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスによる独裁体制が倒れて民主選挙が行われる。そこでも、ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスが大統領に就任する。しかし、ヴァルガスは自殺。後任の大統領ジュセリーノ・クビシェッキは、リオデジャネイロからブラジリアへと首都を遷都する。

軍事政権[編集]

1964年に軍事クーデターが起こって軍事政権が樹立。しかし、国民の不満を受けて1985年に再び民政に移行している。

政治[編集]

大統領を国家元首とする連邦共和制。議会は二院制となっている。

治安[編集]

南米最大の国にして南米最大の犯罪大国と言われている。強盗犯罪を中心とした窃盗が多く、絶対貧困者や相対貧困者の多さが表に出ている。

文化[編集]

一方文化的には、サッカービーチバレーを中心としたスポーツが盛んに行われ、カーニバルの国、サッカーの国の呼称は広く使用されているが、先に説明した犯罪国の一つとも言われるこのブラジルで、賛否両論や複雑な評判を受けている。

外部リンク[編集]