ノビチョク

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアノビチョクの項目があります。

ノビチョクとは、ソ連が開発した神経剤の化学兵器である。ロシア語で「新参者」を意味する。開発に関与した科学者の記録などでは、当時のソ連政府の命令により首都モスクワなどの秘密研究所で1980年代後半に完成した。ソ連軍の中距離・長距離ミサイルに搭載されたという。微量でも皮膚に付着すると、あるいは体内に摂取されたりすると、中枢神経系が麻痺して呼吸困難あるいは心臓停止などで数分間で死に至るとされ、殺傷能力はVXサリンより強いとみられている。開発した科学者は2008年にノビチョクの組成式を公表している。