ニート

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニート(NEET)とは、働かない者を指す言葉ではあるが、無職者とは異なる。無職者のうち、求職も家事手伝いも、学校にも通っていない34歳未満のものをいう。

概要[編集]

語源は「Not in Education, Employment or Training」であり、直訳すると「就学・就労・職業訓練のいずれも行っていない」ことを指す。

厚生労働省の定義では「15~34歳で、非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者」としており、専業主婦や家事手伝いなどは含まれない。

尚、人によって意見は大きく分かれる。

ニート研究の日本の第一人者は、東京大学社会科学研究所玄田有史教授といわれ、著書に『ニート―フリーターでもなく失業者でもなく』がある[1]。ニートの増加は、単に怠け者ではなく、「就職氷河期」がのような社会的背景が影響していると分析している。

さらに孤立無業者「SNEP」という新型の無業者がでてきている[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. 玄田有史、曲沼 美恵(2006)『ニート―フリーターでもなく失業者でもなく』幻冬舎
  2. ニート研究の第一人者が明かす新・孤立無業者「SNEP」NEWS POST、2013年10月17日