ステハゲチャンネル二代目

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステハゲチャンネル二代目(ステハゲ)
人物
生誕1995年6月25日(27歳)
神奈川県川崎市
国籍日本国旗.png日本
職業大学生
YouTube
別名ステハゲ
チャンネル
活動期間2016年〜(ニコニコ動画での活動は2007年~)
ジャンル学歴系、陰キャラ系、ぼっち系
登録者数15.4万人(2020年5月7日時点)
総再生回数5151万9270回(2020年5月時点)
関連人物スーツ、遠藤チャンネル、りっこ28
キャッチフレーズキモチエエエ!

ステハゲ チャンネル二代目1995年6月25日 - )は、日本の男性YouTuberである。

来歴[編集]

主な資格は日商簿記2級、TOEIC 745点、IELTS overall Band Score5.5。

人物[編集]

YouTuberとして[編集]

現在在学している中央大学のことや、二つの大学を中退したこと、高校時代ぼっちであったことなどをウリにした動画を出している。 他にも、

  • 中央大学のキャンパス内で粉雪を歌う
  • 複数人と遊んでいるという「設定」で川やお台場で水遊びを行ったり、広場で飲み会を行う(ステハゲ以外の人物の声は聞こえず、姿も見えない)
  • 雨の中パンツ一丁でふざけたり、自転車で走り回る
    など奇行が目立つ動画や陰キャラフィットネス(筋肉トレーニング動画)、大人の散歩シリーズ(旅動画)、時事ネタ動画を出している。

2019年4月「天皇とかいう生前退位した陰キャラ」という動画を自身のチャンネルに投稿し、その動画内で天皇家を侮辱したとして炎上。動画を削除した。

シバター上原亜衣積分サークルなどのYouTubeチャンネルの動画の中で、名前が上がったことがある。

現在はニコニコ動画を中心に活動しており、YouTube上の自身のチャンネルにニコニコ動画の放送の切り抜きを載せることがある。

ファンについて[編集]

ステハゲのファンはステチルと呼ばれている。 ファンのことを、ステハゲが「ステチル」(ステハゲチルドレンの略)と呼んだことからこの呼び名が定着した(キッズと呼ぶこともある)。有名なステチルには、スーツ[1]高須幹弥森田鉄也などがいる。また、ステチルは海外にもおり、キムハゲ、オーストラリアのステチルなどはYouTube上でも活動している。

ステチルの中でも過激派の者は、Twitterで炎上をすることが多い。他にも、Googleマップ上のステハゲと関係がある大学の名前にステハゲの名前を入れる、他のYouTuberのコメント欄にステハゲの名前を書く(荒らす)などの迷惑行為を行う者もいる。だが、ステチルは高学歴の割合が高く、大半の者は温厚で社交的である。

中央大学との関係[編集]

2018年[編集]

初代のステハゲチャンネルで中央大学に関する動画を投稿し始める。

当初は、学食レビュー動画、キャンパス内でレミオロメンの粉雪やナオト・インティライミの今のキミを忘れないを歌う動画、サークル棟の紹介動画等を投稿していた。

しかし、大学の食堂の混雑を批判するや動画を上げる、Twitterの中央大学公式アカウントの不手際が起こった際に中央大学職員は日本一の無能集団と発言するなど、中央大学に対して攻撃な態度を取るようになった。

後に、Twitter上で、アカウントは中央大学公式アカウントにブロックされた。

また、これらの一部の動画が中央大学ソーシャルメディアガイドラインに違反する(動画に人の顔がはっきり映っていた)として、中央大学から電話や書簡で注意を受けることとなった。これに対し、謝罪し、当該動画を削除し、モザイク処理を行い、再投稿した。

その後も、多摩動物公園を中央大学として紹介し、園の動物を中央大学の学生と呼ぶなど、中央大学に関係する動画の投稿を続けた。

この年にミスター中央大学を自称し始める。(一時期、ミスター大東文化大学を自称していた。)

2019年[編集]

1月、2月は初代アカウントで中央大学に関する動画を投稿し続けていた。

3月に現在の二代目チャンネルをメインチャンネルとして使用し始める。

4月30日「天皇とかいう生前退位した陰キャラ」という動画を自身のチャンネルに投稿し、その動画内で天皇家を侮辱したとして炎上。その後、動画を削除し、本人はTwitterで謝罪したが、これにより、中央大学に電話が殺到した。

6月1日 中央大学から懲戒処分を通告されたことを動画内で発表。19日に、中央大学で、中央大学職員と揉めた動画を投稿したこと、天皇家を侮辱したことの2点に関する事情聴取が行われた。本人はこの間、中央大学がタイトルに入っている動画を多数投稿した。

7月19日、懲戒処分の結果、2019年7月19日〜9月18日の期間の停学処分を受けることとなった。また、この停学で単位が取れなくなり、留年が確定した。その後、この処分に不服申し立てを行なったが、却下された。

外部リンク[編集]