アスペルガー症候群

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アスペルガー症候群とは、汎用型ではなく特化型の人間である。

概要[編集]

観察した限りだと、興味のある事柄には高い集中力を示し、興味のある範囲では優れた才能を発揮するが、興味の無い範囲の事は眼中にないというか、そもそも認識すらしていないような傾向が見られる。

社会性を身に着けていないとされる事もあるが、単に社会に興味が無いだけに見える。社会に興味が出たらたぶん優れた社会性を発揮できるようになるのかもしれない。

物事を文字通りに解釈する傾向が強く、遠回しな表現は通用しない事が多い。

物事を文字通りに捉えるため、マニュアル通りの行動はたぶん得意で、曖昧な表現を解釈するのは苦手。個人の感想ですが。

沢山のガイドラインに目を通した上での行動が求められるウィキペディアンとしてはうってつけの逸材かもしれない。

しかし周りに馴染めずいじめられたりしてうつ病の発症や自殺などに至りやすいという傾向もあるらしい。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク ¦チャクウィキ