Microsoft Edge

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Microsoft Edge(マイクロソフト・エッジ)は、Webブラウザーのひとつ。マイクロソフトが開発している。

概要[編集]

Internet Explorer(IE)に代わって、Windowsの標準搭載Webブラウザーになった。

良くも悪くも、特筆することがない[1]。 因みに最近新しく生まれ変わったようだが、これまではEdgeHTMLとかいう謎すぎる方式を使ってプログラムされていた。そして遂にChromium化して見事Google Chrome化した。つまりこれによって低スペでChrome重すぎ勢以外はほぼほぼ使うメリットが無くなった。

脚注[編集]

  1. IEの項にも似たようなことを書いているが、刷新したことに何か利用者のメリットがあったかどうかは不明。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク