JavaScript Object Notation

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
Wikipedia-logo.pngウィキペディアJavaScript Object Notationの項目があります。

JavaScript Object Notation(通称:JSON(ジェイソン))は、主にオブジェクト指向言語のひとつであるJavaScriptで用いられるデータ記述言語のひとつ。

ただし、名称にも含まれるJavaScript専用というわけではなく、他プログラミング言語やソフトウェア上でも使用可能な汎用設計が為されている。

決して13日の金曜日チェーンソー持って走り回る仮面の男の本名ではない。

歴史[編集]

元々はJavaScriptベースの派生言語であるため、正式名称にもその名を残す。2006年7月のRFC 4627が仕様決定の最古である。

2013年から2014年までに3回の改訂を経て、2017年12月現在の最新仕様はRFC 8259となっている。

注記するまでもない当たり前のことだが、国際標準規格であり、MIMEタイプはapplication/json拡張子jsonと決まっている。

特徴[編集]

JSONは単純なJavaScriptオブジェクトサブセットであるため、JavaScriptでJSONをパースして読み込むだけでよい。このようにごく単純なやり方でサブセットを利用可能であるために、特にウェブブラウザ搭載言語として著名なAjax の開発者たちから注目を浴び、同分野での利用が活発である。

用途をJavaScript外に向けても、上述のように書き出し、読み込みについての処理が至極単純化されている利点があるため実装先を選ばず、あまりにも多すぎるのでいちいち列挙しないが、ありとあらゆるプログラミング言語に実装された実績を持つ。その数、20言語以上。

実際、異なるプログラミング言語間でのJSONを用いたデータの受け渡しは非常に効率的となる。

書き方とエンコーディング[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

本職さんがここにはたくさん居るからプロ目線で解説書いてくれるよ、きっと(丸投げ

参考文献[編集]