JavaScript

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JavaScript(ジャバスクリプト)とは、プログラミング言語の一つ。

概要[編集]

Webブラウザー上で動作するプログラミング言語としては、ほぼ全てのWebブラウザーで動作する、唯一の存在である。
Webアプリケーションのフロント処理[1]を担ったり、Webページの装飾などに使われる。

オブジェクト指向言語であるが、他のメジャーなオブジェクト指向言語の多くがクラスベースなのに対して、プロトタイプベースを採用している。
サーバーから取得したファイルをその場で実行する性質のため、必然的にスクリプト言語である。

標準規格としての名前はECMAScript(エクマスクリプト)という。また、Javaと名前が付いているが、これはJavaにあやかって付けたものであってJavaとは直接的な関係はなく、言語としてもほとんど似ていない[2]

Webブラウザーの種類やバージョンによって、互換性が無い機能がある。これは、オープンソースソフトウェアのライブラリーによって、差異を吸収することで対処している。

歴史[編集]

  • 2010年前半頃から、Node.jsなどの発展により、サーバーサイド用を含む汎用言語化が進んでいる。それ以前にもWebブラウザー以外で動作するJavaScript環境は存在していたが、限られた環境や用途でありあまり一般的ではなかった。

代表的なライブラリ[編集]

「ライブラリ」と「フレームワーク」の定義が結構曖昧だったりする[3]

必ず使わなければいけない、というものではない。標準の命令で事足りるのであれば使う必要は無い。

ライブラリ・フレームワークなどなど
  • Backbone.js - Model View Controllerという設計概念が特徴
  • D3.js - いろいろなグラフ等の描画用
  • Dojo Toolkit - ブラウザに依存しない
  • Ext JS - リッチなウェブアプリケーション開発用
  • jQuery - JavaScriptのコーディングを簡素化する支援機能。セレクターの概念はCSSに似ている。
  • JQuery Mobile - タッチ操作に対応
  • jQuery UI - インタラクティブなWebサイト開発用
  • KnockoutJS
  • Leaflet - Web地図用
  • MathJax - 数式表示用
  • MochiKit
  • PDF.js - PDF表示用
  • Polymer - Webアプリケーション作成用
  • Raphael - ベクター画像表示用
  • React - UI用
  • Redux - UI用
  • Three.js - ブラウザ上での3Dレンダリング用
  • Underscore.js
  • WinJS - 当初はWindowsストアアプリ開発用だったが、Webブラウザ上で使用する用途でも使えるよう改良されてきている様子

JavaScriptを使うゲームエンジン[編集]

デバッグ方法[編集]

ChromeFirefoxなどのWebブラウザの機能であるデベロッパーツールの画面が使える。

DOM[編集]

DOMとは、Document Object Model の略。JavaScriptでHTMLを扱う際は、DOMと呼ばれる階層構造でHTMLを扱う。

脚注[編集]

  1. フロントはWebブラウザー側、バックはサーバー側を指す。
  2. 似ている点はあっても、Javaとだけ似ているわけではないということ。
  3. jawp:フレームワーク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク