A級戦犯

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

A級戦犯(えーきゅうせんぱん)とは、「平和に対する罪」に該当するとされた、戦争犯罪人の分類である。

概要[編集]

第二次世界大戦の戦後処理における、戦争犯罪人の分類の一つ。A級、B級、C級があり、A級が平和に対する罪とされている。これは本来は罪の大小を意味するものではないが、性質上高級軍人大臣といった重要人物が主にA級戦犯の対象となり、戦争指導者の区分としてのイメージを強くもつこととなった。

主要なA級戦犯[編集]

日本[編集]

太平洋戦争終結時にGHQによりA級戦犯に指定された者。

転用[編集]

また、これが転じて、企業やプロスポーツ団体の成績が思わしくないときにこの元凶となった会社経営者や監督を指すこともある。

関連項目[編集]