韓徳

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

韓 徳(かん とく)は、中国小説である『三国志演義』の登場人物である。

劇中の活躍[編集]

『三国志演義』第92回で登場し、西涼の大将で開山大斧と称される大斧の使い手である勇将[1]227年諸葛亮第1次北伐を開始した際、8万の兵と韓瑛韓瑤韓瓊韓琪の4人の息子を連れて大都督夏侯楙に従うが、鳳鳴山の戦いで趙雲の前に4人の息子が討たれ、さらに韓徳も趙雲相手に戦うも槍で突き殺される引き立て役となっている[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 小出『三国志武将事典』P227

参考文献[編集]