遊佐恵美

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遊佐 恵美(ゆさ えみ)とは、ライトノベル『はたらく魔王さま!』に登場する架空の人物である。エンテ・イスラでの名前はエミリア・ユスティーナ

設定[編集]

声優:ドラマCD - 浅川悠 / テレビアニメ - 日笠陽子
父親:ノルド・ユスティーナ
母親:ライラ(天使)

概要[編集]

本作のヒロインの一人。エンテ・イスラにおける大法神教会の勇者であり、魔族を撃ち払うことのできる「進化聖剣・片翼(ベターハーフ)」を使って戦う。母親は天使のライラとで父親は人間ノルド・ユスティーナという、人間と天使のハーフで、それ故に天界の金属「天銀」を体に宿している。

基本的には、魔族以外の人物に対しては面倒見がいい。実際、真奥に好意を抱いている佐々木千穂や、真奥に接近する鎌月鈴乃に忠告したりと優しさを見せている。仕事場の同僚である鈴木梨香とも良好な関係を築いている。実年齢は17歳なのだが、仕事に就くために戸籍上では20歳としている。

日本へ[編集]

農業を営む父親と共に西大陸の村で静かに暮らしていたものの、魔王軍がエンテ・イスラに侵攻して、12歳のときにルシフェル率いる軍が西大陸攻略を始めると、教会に引き取られる。村が全滅したことを知り、父親が殺されたと思い、復讐のために魔王軍と戦い、幹部を倒していき、戦況を有利に進めていく。そして、魔王をも追い詰めるも、異世界への逃亡を許す。そのため、魔王を追いかけて異世界である日本に着くも、聖法気を自力で回復できないことから、ドコデモグループお客様相談センター(テレアポ)の契約社員として働きながら、生計をたてていくことになる。

日本にやってきて、一年後に真奥貞夫として暮らしている魔王に再会する。その際には、百均ナイフで攻撃をしかけるも、痴話喧嘩と思われた警察にその場を止められる。その後も、真奥を始めとして芦屋四郎、漆原といった魔族に対しては、過去の出来事もあり、敵対的な態度を見せる。しかし、真奥達が自分を含む人間に対して優しさを見せていることに戸惑っている。共闘することが増えていくうちに、徐々に態度を軟化させている節があり、父親のノルドが生存していると聞いたときには、復讐心を支えていたものが消えて、悩みをみせたこともあった。

アラス・ラムス [編集]

自分をままとよんで慕っているアラス・ラムスに対しては、当初は戸惑いを見せていたものの、現在は実の娘のように接している。アラス・ラムスが、聖剣と融合してからは、体内に宿すこともできるようになっている。なお、体内に宿した状態は、迷子などの心配はないものの、いろいろと不便なことも多いらしい。アラス・ラムスが真奥のことをぱぱと呼んで慕っていることもあり、真奥を聖剣で切ると父親殺しの罪を負わせてしまうこともあり、アラス・ラムスの前では真奥とは休戦状態となっている。物語が進んでいくと日本で悪事を働かないという確信を持つ程に、真奥のことを信頼するようになる。

エンテ・イスラに里帰り[編集]

真奥が日本において悪事を働く心配がないと確信したこともあり、ガブリエルから父親の生存を聞かされていたこともあり、一時、自らの故郷のエンテ・イスラに里帰りする。そのときに、オルバ・メイヤーの策略により、作物がまだ生きている故郷に残された土地を荒らすと脅され、不本意ながら勇者として騎士団を先導しなければいけなくなってしまった。戦いで悪魔が死んだと聞いて動揺するなど、以前と違って悪魔達に対して、何か思うことがでてくるようになっている。そして、真奥に対して助けに来てほしいと思っている自分がいることに気づき、真奥が自分の心に入り込んでいたことに困惑する。しかし、父親の残した畑への未練を断ち切り、真奥が来るまで現状を維持できるように努力することを決意。そして、真奥と再会するとエンテ・イスラで迷惑をかけたことを謝罪した。日本に戻ってくると、テレアポセンターは、エンテ・イスラに行っていた一か月間の無断欠勤により解雇されてしまったことを知る。そして、梨香には事情を知られたうえで今まで通り友達でいてくれると言われ、エミリアと呼ばれたりもしている。

日本へ帰還[編集]

真奥から遊佐のエンテ・イスラからの救出にかかった費用として35万円の請求をされるも、自分ひとりの力でそれを全額返すと決める。自分が反論すれば35万円を払う代わりにマグロナルドで働けという内容にするというような温情を真奥がみせることを予想していたが、あえて自分が前に進むためにと35万円を払うことを決める。さらに真奥が誘おうとしていたマグロナルドのバイトをすることにして真奥を戸惑わせる。特に真奥のことを「貞夫先輩」と呼んだときには、意図せずにこれ以上ない程動揺させることに成功する。結局仕事中は「真奥さん」という呼び方に落ち着いた。テレアポの仕事の経験もいきたのか、仕事ぶりは真奥や店長が認めるほど優秀である。また、周囲の厚意によって千穂と合同で開くと約束していた誕生日パーティーがマグロナルドで開かれ、プレゼントを受け取った。

母親のライラの身柄を抑えたときには、今までライラに振り回されてきたという事実もあって、周囲が止めるほど母親の頬を叩いている。父親に至っては「一生のお願い」とまで言って止めている。

勇者時代[編集]

勇者時代には、町に群がるトカゲを何とかするために、食用トカゲにすることになって嫌々ながらもトカゲを調理したことがある。トカゲはともかく、農家の娘なので鶏を調理するのは大丈夫らしい。

はたらく魔王さま! ハイスクール![編集]

スピンオフの『はたらく魔王さま! ハイスクール!』では、高校生として真奥たちと絡んでいる。真奥が生徒会長を目指しているため、それを阻止すべく行動している。そして、アラス・ラムスが現れると、真奥と共に面倒をみることになる。千穂の巨乳を見て、胸へのコンプレックスから揉もうとするなど、コミカル度が増している。

アニメ[編集]

アニメにおいては、他のキャラと同様に表情が豊かとなっている。原作でも描写があるった千穂に対する胸に対するコンプレックスがより強調されている。

嫁コレ[編集]

2013年8月30日より、『嫁コレ』の参加キャラクターとなっている。

その他[編集]

外部リンク[編集]