藤井治夫

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 治夫(ふじい はるお、1928年9月3日[1] - 2012年3月2日)は、日本の軍事評論家。「憲法9条―世界へ未来へ 連絡会」(9条連)共同代表[2]

略歴[編集]

和歌山県出身。1945年山口経済専門学校(現・山口大学)中退。和歌山県地方労働組合評議会専門委員などを経て、1959年上京[1]日本共産党の機関紙『アカハタ』編集部に勤務[2]。60年安保闘争を契機に軍事問題の研究を開始[1]。日本共産党の機関誌『前衛』1962年8月号~1963年1月号に「自衛隊の現状(1~5)」を連載しており[3]、この時点では共産党員であったと見られるが、その後離党する[2]。1975年、五味川純平小山内宏らと軍事問題研究会を設立し事務局長となる。また同会の機関誌『軍事民論』を発行し主筆となる[4][2]。1970年からの小西反軍裁判では特別弁護人を務める[1]。1982年時点で軍事問題研究会代表理事、『軍事民論』発行人[5]。2012年3月1日に脳出血で倒れ、翌日に死去、84歳[2]

著書[編集]

  • 『自衛隊――この戦力』 三一書房(三一新書)、1970年
  • 『自衛隊の作戦計画』 三一書房(三一新書)、1971年
  • 『日本の国家機密』 現代評論社、1972年
  • 『自衛隊と治安出兵――国民に銃を向けるな』 三一書房(三一新書)、1973年
  • 『自衛隊を裁け――その軍事機密の追及』 三一書房、1974年
  • 『自衛隊クーデタ戦略』 三一書房、1974年
  • 『戦争計画――自衛隊戦えば』 三一書房、1978年
  • 『日米韓軍事関係の十五年』 「朝鮮問題」懇話会(「朝鮮問題」学習・研究シリーズ)、1980年
  • 『自衛隊はかならず敗ける――防衛の原点にかえれ』 三一書房、1980年
  • 『なぜ非武装中立か――これが平和と安全のきめ手だ』 すくらむ社(すくらむ文庫)、1982年
  • 『ソ連軍事力の徹底研究』 光人社、1982年
  • 『核・軍縮問題のわかる本――核戦争が近づいている 軍縮への道』 福島新吾共著、労働教育センター(総評文庫)、1982年
  • 『軍事問題の急所』 三一書房(三一新書)、1984年
  • 『新日本軍――暴走する自衛隊の素顔』 すくらむ社(すくらむ文庫)、1984年
  • 『アメリカ軍事力の徹底研究』 光人社、1986年
  • 『ソ連軍事力の徹底研究――最新情報』 光人社、1987年、新訂増補版1991年
  • 『ここまで来ている国家秘密法体制』 日本評論社、1989年
  • 『天皇と自衛隊の現在を読む――アジア民衆の視座から新皇軍を撃て 対談集』 小西誠、星野安三郎、藤原彰共著、社会批評社、1989年
  • 『自衛隊に赤信号――日本防衛の深層を抉る』 オリジン出版センター、1989年
  • 『戦争がやってくる』 筑摩書房(ちくまプリマーブックス)、1991年
  • 『日米共同作戦の徹底研究――トップ・シークレット』 光人社、1992年
  • 『最新安保情報――日米安保再定義と沖縄』 浅井基文共編、社会批評社、1996年
  • 『密約――日米安保大改悪の陰謀』 創史社、発売:八月書館、2000年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 中馬清福「藤井治夫」、朝日新聞社編『「現代日本」朝日人物事典』朝日新聞社、1990年、1393頁
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 6211藤井治夫さん逝去 旧「ベ平連」運動の情報ページ
  3. CiNii Articles 検索 - 藤井治夫
  4. 藤井治夫(ふじい はるお)とは コトバンク
  5. 「表現の自由」研究会編著『現代マスコミ人物事典』二十一世紀書院、1989年、326頁

関連項目[編集]