脇線 (北鉄能登バス)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脇線 (北鉄能登バス)(わきせん)は北鉄能登バス石川県七尾市七尾駅前バス停留所富山県氷見市脇バス停留所を結ぶ乗り合い自動車路線である。

概要[編集]

全線にわたって国道160号を走行する。脇バス停留所では加越能バス脇バス停留所があるが、双方ともに接続を取っていない。北鉄能登バスの本数は加越能バスに比べて少ない。

今後の見通し[編集]

沿線人口は少なく、利用者が増える見込みはないが、沿線は海岸沿いで多くの漁港があり、海水浴場や食堂もある等、観光客を呼び込む余地はある。小学校、中学校の統廃合で、児童生徒の通学、高校生の利用や高齢者の通院など、沿線住民にとっては欠かせない存在である。また、脇バス停留所加越能バス高岡駅前バス停留所新高岡駅前バス停留所に乗り継げば、鉄道を使って津幡駅乗り継ぎを使うよりも速く移動することができる。