稲垣治

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲垣 治(いながき おさむ、1937年 - )は、軍事評論家。

岐阜県生まれ。国会議員秘書、愛知県反戦青年委員会議長、日本社会党愛知県本部役員などを歴任。その後、社会党を離党し、軍事問題研究家として活動[1]

著書[編集]

  • 自衛隊の「戦争計画」――胎動する幕僚たちの決意と思考』 鹿砦社(鹿砦軍事叢書)、1978年
  • 『在日米軍――日本の有事にどう動くか』 ダイヤモンド社、1980年
  • 『海上自衛隊の戦略――原子力潜水艦を追え』 サンケイ出版(世界大戦文庫スペシャル)、1987年
  • 『アメリカ海兵隊の徹底研究』 光人社、1990年
  • 『世界最強の軍隊アメリカ海兵隊』 光人社、2009年

脚注[編集]

  1. 『自衛隊の「戦争計画」――胎動する幕僚たちの決意と思考』鹿砦社(鹿砦軍事叢書)、1978年