歩きスマホ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は嘘っぱちのでたらめです。
寛容な心でお読み下さい。
白銀のミヤコ様.pngEnpedia:おすすめ項目 (仮)に追加されています。
ピックアップを編集

歩きスマホ(ある-)とは、日本やその他世界中で流行している、命がけのスポーツである[要出典]。なお、歩きスマホ時の視界は通常時の0.05%になるという[1]

概要[編集]

X mark.pngIt's JOKE!この節は全力で不真面目に書かれています。 寛容な心でお読み下さい。

このスポーツは特に日本で劇的に流行しており、街を歩けば至る所に発見できる。そして最近では、スマートフォンの流行により、若者の間で多く親しまれている。国内競技人口は、37,514,100人いる[新情報求む!] [2]。あまりの賑わいぶりに、「歩きスマホ避けゲーム」などのゲームも生まれている。歩きながらに留まらず自転車に乗りながらスマホを操作したり、車を運転しながらスマホを操作する猛者も登場している。なお、プレイ中に壁や人にぶつかったり、ホームに転落する愚者可哀想な人もいる模様。緊急性が無いのにも関わらず、自分の身を危険に晒してでも歩きスマホをする精神が不可欠である。

国民の意識[編集]

国民全体の99%は歩きスマホは危険と捉え、歩きスマホをプレイしていない国民のうち93%は歩きスマホはやめるべきと回答している。また、歩きスマホをプレイしている人の60%以上が歩きスマホを止めるべきだと回答しているという[ソース求む!]。道はスマホを操作する場所ではない。所詮日本国民は、緊急案件ではないどーでもいい事をしたいがために命をかけて歩きスマホをするというレベルである。自分だけは大丈夫という考えが流行している今、しょうがないという専門家の意見もある。この現状を打破すべく自治体などは手を尽くしているものの、罰則がないため、愛想を尽くしている。なお、ながら運転は罰則規定があり、2020年より厳罰化された。

事件[編集]

歩きスマホをしている人、特に1人の女性や高齢女性を狙った悪質な犯行も発生しており、男が前述のような人を何人も蹴り倒す事件が発生している。もちろんそれはやり過ぎである。

脚注[編集]

  1. https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20191101_01 .視界の“95%”が消える? 「ながらスマホ」の危険性を視線計測で検証.2021-05-12閲覧
  2. 日常的に歩きスマホを行なっている日本人の総数